愛犬みも次郎先生とのカントリーライフ


by mimojiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゆきだるま

やっぱり「ゆきだるま」だな、と
直たたがつぶやきながら12月22日の夜、帰ってきた。

「はい」と直たたが手渡したのは



レイモンド・ブリッグズさんの
The Snowman~ゆきだるま~

直たたに語ってもらいましょう。

今、大人の間でも絵本がちょっとしたブームなんだ。
雑誌、ブルータスなんかでもよく特集が組まれている。

さっき書店でこの絵本を買ったんだけど「贈り物ですか?」と
店員に聞かれた。
そっか、クリスマス直前か。

直たたがこの絵本を買おうと思ったのは
この夏、書店でブラブラしているときに目に入り
手に取った瞬間、この絵といい
その雰囲気をひとめで気に入ったからなんだ。

レイモンドさんは雪の夜のしーんとした世界のなか
ゆきだるまに惹かれていく少年のきもちを
色えんぴつだけで、しっかりゆたかに描いているんだ。
普通、雪の降る夜をえんぴつ画で描こうなんて
思いつかないだろう。ねっ。



そこに魅入られ、いつか買おうと心に決めていたんだ。

二人が雪空を飛んでいくシーンと






そのあと少年が寝ている12コマは、ほんとうに
よくかかれていて感心する。



しかもこの絵本は本当に絵だけで
文章がひとこともないんだよ。


涼たたは・・・
ゆきだるまなのに冷たさなんて
まったく感じない。

冬の雪の夜なのに寒さなんて
まったく感じない。



夜の限られた時間なんて
まったく感じない。

~ゆきだるま~にほっこりした
雷鳴りまくりの秋田 クリスマス前の夜。
d0237053_21521191.jpg

[PR]
by mimojiro | 2011-12-22 22:01 |