愛犬みも次郎先生とのカントリーライフ


by mimojiro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

丸ごと極端に表す土門ワールド!

d0237053_21044621.jpg

↑18日はこんなお天気でした!!
ってことで、ドライブ~!!
最近、青森へばかり行っていたので
山形県は酒田市へ行ってきました。
土門拳記念館!!

d0237053_21062555.jpg



土門拳は、かずこさんも大好きな写真家。
先生がたた家に来る前は、何度か来ていたのですが
いかんせん、先生との散歩を重視してきたこの16年間、
ちょっと足を運ぶことはできませんでした。

d0237053_21162067.jpg


駐車場から記念館までの道。
新緑の森林浴~ヽ(´▽`)/

d0237053_21184886.jpg


この記念館は酒田市街地にあるcという
一角に位置し、美しい自然林と丘を背景として、
全面に池を配し、広大な水田地帯を視野に
収めながら鳥海山を眺望できる素晴らしい場所にあります。

d0237053_21300192.jpg
d0237053_21222242.jpg


そしてこの建物は、
~グラフィックデザイナー亀倉雄策氏が
入口正面に銘板とほかにポスター・チケットを
彫刻家イサム・ノグチ氏が中庭に彫刻とベンチを
華道草月流家元勅使河原宏氏が庭園とオブジェを
それぞれに寄贈~と案内にあります。

d0237053_21423587.jpg
d0237053_21433915.jpg


記念館入口。

記念館では、古寺巡礼とっておきセレクション2
―浄土と禅宗世界への憧れ―」という企画展が開催中。

ああ、室生寺の美しいこと。
久しぶり、平等院鳳凰堂夕焼け。
吉祥天の清らかさ。
中宮寺の菩薩半跏像の崇高なる表情。

案内には「平等院や浄瑠璃寺、中尊寺など
平安後期~桃山時代の寺院からセレクト。
寺巡礼の魅力を再発見できる作品展」と
記されていましたが、まさにそのとおり。

静寂と落ち着いた空間のなかで
瞬時に土門拳ワールドにさらわれます。

土門の作品をよりいっそう際立たせている
この記念館のデザイン、最高だわー。

d0237053_21432204.jpg


勅使河原宏氏作の庭園とオブジェ↓

d0237053_21530951.jpg


古寺巡礼のほか、「ぼくと酒田」という企画展もあり、
古きよき「昭和」の酒田市を物語るかのような作品が
展示されていました。

d0237053_21563219.jpg


天気にも恵まれ、とても気持ちがよかったです。
今度はもっと早起きして、ゆっくりと飯森山公園を散策したいな。

d0237053_22003192.jpg


家に戻って、久しぶりに本棚から
古寺巡礼の写真集を手に取りました。

d0237053_22032430.jpg
写真集、室生寺のなかで土門がこんなことを
書き記しています。
~仏像の良さを捉えようとする時、
じーっと見ていると胸をついてくる
「あるもの」がある。
それを両手で抱えて、そのものを丸ごと
極端に表すことを心がけることが必要だ~

そのものを丸ごと極端に表すこと・・・
それって、芸術の真髄ですよね。
それを丸ごと受け止め
わたしたちは、感動するんだもの。
d0237053_22054103.jpg







[PR]
by mimojiro | 2014-05-21 22:07 |